lgf01a201310230500
Wordで文章入力中に文字の下に緑や赤の波線が表示されるのって何を意味してるの!?

これは、Windowsにある機能で「自動文章校正」という機能がはたらいているんです。

「自動文章校正!?」名前なんて覚える必要はありません(笑)
つまり、文章の入力中に文法の誤りや誤字脱字とWindowsが判断したものが自動的にチェックされ、
チェックの結果、誤っている可能がある場所に「緑」や「赤」の波線が表示されます。
※これらの波線は印刷には反映されません。

では、見てみましょう
緑の波線(文法の誤りの可能性)
「入力してる」と打ち込んでみます。
「します」の部分に「緑」の波線が表示されましたね。
windowsが、何かおかしいと判断してるんですね。
自動文章校正①

② では、何がおかしいんでしょうか!?
波線の上へカーソルを重ねて「右クリックしてみます」
自動文章校正②

③「い」抜き していると表示されていますね。
要は「入力している」のではないですか? と尋ねてきているワケですね。
「入力している」に変更したければ ”「い」抜き している” の部分をクリックしてください。
「入力している」に変更されます。
自動文章校正③

変更したくない場合は、放っておいて構いません(印刷には写りませんから)
つまり、このWindowsというコンピューターはアメリカで開発されたものです。
日本人からしておかしくなくても、あちらの方からみると、それっておかしくない…?
ってな感じでニュアンスのズレが発生します。
「申込み書」私たち日本人からしたら特に、おかしくはないですよね。
でも、あちらの方からみると、「申込書」になるみたいですね。
「申込み書」の場合も同様に「緑」の波線が表示されます。

だから、私たち日本人がみて、おかしくないものは放っておけばいいのです。
ただ、一応はチェックしてみてくださいね(本当に、誤字脱字等がある場合もありますので…)

「赤」の波線(スペルミスの可能性)
「Television」の「v」を「b」でワザと間違えて入力してみましょう。
自動文章校正④

⑤ 「赤」の波線が表示されましたね。
では、前回と同じように波線の上へカーソルを重ねて「右クリックしてみます」自動文章校正⑤
⑥「Television」と「Televisions」の2つの候補が見つかりました。
今回はTVの数ではないので「Television」をクリック。
自動文章校正⑥

⑦ はい、直りましたね。
「緑」や「赤」の波線の意味はこういった意味なんですね。
ちなみに、Excelでは出ませんので…
※Office2013のの場合は「緑」が「青色」に変更されています。「赤」は同様です。
知っておけば「何だこれ!?」が「あ~そういう事か~」に変わりますよね。