lgf01a201307212000

パソコンで文字入力時にミスタッチが多くて漢字に変換後、思った漢字に変換されてなくて
“イライラ” された経験は、誰でもあると思います。

“イライラ” しながら「Back Space」キーで、その都度消してまた打ち直し…

実は、確定前ならもっと効率よく手直しできる方法があります。
今回はその方法をご紹介していきます。

使用するキーは「Esc」(エスケープ)キーです。
単純に日本語訳すると「逃げる」という意味だそうです。
Escキー

① 今回は例として「宜しくお願いします」と入力しましょう。
下図のように「よろしかおねがいします」と入力して変換してしまった。
結果「宜し可お願いします」となってしまいました。
「Back Space」キーで全て消し、最初から入力し直している。Oh~、MOTTAINAI!!

Escキーで文字入力訂正①
② このままの状態で手直ししていきましょう。
まず「Esc」キーを1回押してみましょう。
Escキーで文字入力訂正②

③ 「宜し」が「よろし」のひらがな状態に戻りましたよね。
もう1回「Esc」キーを押しましょう。全体がひらがな状態に戻りましたね。
㊟もう1回押してしまうと全ての文字が消えてしまうので注意してください。
Escキーで文字入力訂正④

④ カーソルは文字の間でもOKなので「スペース」キーで再度、変換します。
「宜しくお願いします」に変換されましたね。

Escキーで文字入力訂正⑤

この「Esc」を上手く使えれば、抜群に作業効率は上がります。
たった1文字違っただけで、削除して入力し直し…なら、前にも進んでないしマイナスから再度、スタート…
入力の速い方は、打ち直した方が速いという方も居られますが、手が動いているのでそういう気がしているのではないでしょうか?
普通に使えるようになれば、明らかに「Esc」で直した方が速いでしょう。
文字入力の入力ミスがない方はいないと思います。
だから、どう手直しを上手くするかで “イライラ” も解消されるのではないでしょうか!?