今回のブログは、実際にLESSONされている生徒様のご紹介をしたいと思います。
名前は「TAKERU君」小学校5年生の終わり頃に入会された生徒様です。

お母さんと無料体験に来られ「入門コース」から始めました。
彼の “夢” は将来「ゲームプログラマー」になる事が現時点での “夢” であり “目標” だそうです。

タケル

この写真を撮らしてもらったのは6年生の夏頃だったと思います。
小学校でも今は、パソコンの授業がありますが、本人曰く「あまり楽しくない…」との事(笑)

Power Pointもやっているが、準備されているモノをそのまま写真を入れたりと…
本人からも「ちゃんと基礎から習って大人になった時に困らないようにしたい」と、何とも力強い言葉!!

最初はローマ字変換が、まだ今一つ分からないということで文字入力から徹底的にやっていきました。
どんどん入力が速くなることが、本人には楽しかったのでょう。

タイピングに関しては、中学校に入る頃には教室の中では大人を含んだ中でも一番速かったくらいのチカラを付けましたね。

中学校に進学し、本人からWordがやりたいという要望があり、親御さんと話し合いコースUPされました。
基礎をしっかり頑張っていたからでしょう。難なく覚えていきました。

Wordを習得し、今度はExcelがやりたいと…
Excelになってくると、テキストの内容も難しくなるし大丈夫かなと思いながらも一緒にマンツーマン形式で初めていきました。
彼はWord同様、Excelもキチンと理解しながら覚えていきました。
ただ、そうはいっても、まだ中学1年生。
売上がど~だ、構成比がど~だ…何の事かは当然分かりません。
そこはSTAFFが、貯金やお年玉に例え説明していきました。分からなかった点も繰り返すことで彼は納得しながら確実に前に
進んでいきました。

面白いエピソードがあります。
お父さんがお家に結構、仕事を持って帰って作業をすることが多かったそうで、お父さんから「この資料がちゃんと自分で
作れたら「お小遣いをあげる」って言われたらしく、バッチリ作成し「見事、お小遣いを頂いたらしいです」(笑)

本人も嬉しかったのでしょうね。LESSONに来られた際、嬉しそうに教えてくれました。

今はPower Pointもほぼ、マスターし次の目標は「MOS資格」らしいです。

あどけなかった小学校5年生が、今は中学校2年生になりました。
身長も伸び、随分と大人になったし目標に向かって部活動のテニスと両立しながら週1~2回ペースで通われてきます。

上の画像は小学6年生の頃、Windowsに標準搭載されている「ペイント」というソフトを使ってマウスでゲームのキャラクターの
似顔絵を作って、壁紙にしています。
少しやり方は説明しましたが、あとは自分でコツコツと仕上げたらしいです。

TAKERU君、夢や目標は必ず叶うよ!!
“夢が自分自身を大きくするし、上手くいかない時でも諦めなければ出来る、それが自分の自信になるよ”

「過去の礎が今日の自分であり、君が今やっていることが未来へと繋がっていく」と私たちディードットステーション下中野教室
は考えています。

TAKERU君、まだまだ夢は続くぞ~!!