パソコンで子供たちに ”夢” を…なんて変なタイトル。
確かにそうですよね(笑)

現在は「SNS」が活性化されて、子供さんなんかでも「お母さんのスマホ貸して~」なんて会話は
日常茶飯事の会話で耳にする時代になりました。

Windowsが日本で発売されて20年が経ちました。
私たち一般人が20年前に、これだけパソコンが普及することを誰が想像していたでしょうか!?
お仕事でも当たり前のように「Word/Excel/Power Point」が使われる時代を予測したでしょうか…
インターネットで検索すれば、欲しい情報が何千件、何万件と表示される時代を…

私にも高校3年生の娘と中学1年生の双子(男の子・女の子)がいます。
この子らがあと、早ければ1年~5年後にパソコンが使えなかったらどうでしょう!?
下の子に関しては10年後、パソコンが出来て当たり前になる時代は確実にきているでしょう。


このディードットステーション下中野教室ができて、9月で7周年目を迎えます。
始めた頃よりは、問い合わせの方の内容も随分と変わってきました。

「会社で上手く使えてないから…」
「転職希望だが、パソコンを使えないと就職先がない…」
「後輩に気を使いながらダマシダマシ、何とか使っている…」
「一ヵ月で何とか使えるようにしてくれ…」
時には、ムチャクチャな相談もあります。
「会社で使えると言ってあるから、この資料作ってくれ…」

ずばり「お仕事でパソコン操作に困っている方」なのです。

いくら「スマホ」「タブレット」の普及が増えたとしてもパソコンはもはや電卓と同じように「お仕事の必需品」となっています。
この先10年20年先「パソコンがなくなっていくとは誰も考えないでしょう」

使えて当たり前。
では次にやってくるのは何でしょう!?
運営側の私たちから現状を客観的に見ていく中で、どの世界でもおなじだと思いますが「SPEED」です。


ちょっと固いお話しになってしまいましたね…

本題に入ります。
ずばり、子供のときからパソコンに「慣れ親しんでいくこと」だと私たちは考えます。

lgf01a201405120400

学校の授業でも必須教科」としてパソコンの導入が始まりました。
内容はどうでしょう!?
とても、将来に役立っていく「根っこ」にはないと私たちは考えます。
当教室にも小学生の生徒様は数名居られます。
学校では習った。「ローマ字入力は…」上手く入力できません。
教材用に作られた「ソフト」を使っているだけです。

ご年配の方から見れば、若い子はできるだろ?
では何で当教室には、小学生、中学生、高校生、20代の方も多く通われているのでしょうか!?


今回、ご紹介するのは「YAHOOきっず」
基本的には小学生を対象にした「YAHOO」が提供している「サイト」です。

①「インターネット」の「YAHOO Japan」のサイトから赤枠の「きっず版」をクリックしてください。

ヤフーキッズ①

② 画面が変わり「YAHOOきっず」のTOPページが表示されました。
赤枠の中に色んなカテゴリーがあり、勉強から無料ゲームから、クイズ、NHKの動画etc.盛り沢山!!

ヤフーキッズ②

③ カテゴリーの中から勉強の「小学6年生」の算数ドリルを見てみましょう。

ヤフーキッズ⑤

「いや~、結構レベル高っ!!」
こんな感じで「お勉強」も楽しく出来ますよ。

子供たちに人気の「妖怪ウォッチ」のサイトも合ったりと…(ちょっと覗いてみましょうか)

ヤフーキッズ④

「妖怪ウォッチ」の中でも色んなカテゴリーがありますね。
「日本人のパソコンスキルは、先進国の中でも最下位」というブログを以前、記載させて頂きました。
子供の頃から、パソコンに慣れ親しんでおけば大人になった時に必ず役に立つでしょう。

特に「マウス」に慣れる。「クリック」「ダブルクリック」「ドラッグ」
分からことを調べる “チカラ” が当たり前のようになるでしょう。

但し、問題点もあると私たちは思います。
実際に青少年に対して有害な「サイト」も実現します。
今でも問題となっている「SNSの問題」「SNS犯罪」「引きこもり」etc.
「パソコン」や「スマホ」「タブレット」の急速な進化によりこのような問題も否定はできません。

子供たちは、何時間でもやってしまうのが現状です。
あくまでも私たちの「考え方」ですが、そこはやはり「親御さん」が監視するべきものだと考えます。


ある小学生の生徒様が「夢は将来、ゲームプログラマー」になりたいと…
この「YAHOOきっず」を使って、将来の夢「ゲームプログラマー」を調べました。
「内容」「専門的な知識」「どういった学校に行けばいいのか」「実際に働いている人の説明動画」が出てきました。
彼は「夢へのプロセス」を手に入れました。

その夢に向かって今も、教室でOfficeを中心に頑張っています。
現在は中学生になっていますが、ゲームクリエイターの専門学校の資料をいくつも取り寄せています。

「夢」「目標」が私たちは、その人を大きくすることが出来ると信じています。
ディードットステーション下中野教室はパソコン教室でも、パソコンのスキルばかりではなく
「夢」「目標」を持った方の「応援団でありたい」と考えています。

「NTTレゾナント」が提供している「キッズgoo」なんかも面白い情報がいっぱいありますよ。

ヤフーキッズ⑥