資料作成時の際に手直し部分をもっと、効率よく時間短縮(時短)したい。
「上書き訂正」って知っていますか!?

a9

今回はこの上書き訂正を使って効率よく編集する方法を説明いたします。
とても単純なことです。ただ知ってると知らないとでは大きな違い。
パソコンをもっと効率よく使って作業する方法のほんの一部です。


今回は「文字の挿入」「上書き訂正」を組み合わせてご説明していきますね。

文字を挿入するには、挿入する位置にカーソルを移動して文字を入力します。
「ご支援を」の前に「変わらぬ」を挿入しましょう。

① 文字を挿入する位置にカーソルを移動します。

上書き訂正①

文字を入力します。
②「変わらぬ」と入力・確定します。
文字が挿入され、後ろの文字が字送りされます。

上書き訂正②

これが通常編集時の「文字の挿入」ですね。


では次に「上書き訂正」をご説明します。
「今後ともなにとぞご支援を賜りますようお願い申し上げます。」の文章の「なにとぞ」「変わらぬ」に変更したい。
「Back Space」「なにとぞ」を消して「変わらぬ」と文字を挿入している…
「Oh~、MOTTAINAI!!」

「なにとぞ」を範囲選択します。

上書き訂正③

② 範囲選択された状態で、その上から「変わらぬ」と入力・確定します。

上書き訂正④

【上書き】


文字を入力するとカーソルの位置から文字が挿入されます。
上書きの状態で入力する方法は次の通りです。
■ 上書きする文字を範囲選択→新しい文字を入力

簡単ですね。ただ知ってると知らないとでは大違い!!
あなたはパソコン操作にどれだけ無駄な操作をしていますか!?

4522382871_76f2a56794_o