先月から「国」に提出する資料を作成していたお話しです。
「国」に提出するといっても、やましい資料ではありません(笑)
「助成金の申請書」を作成していたのです。
「様式があり何枚もの資料があり、かなり複雑」

まず担当事務局の「URL」から説明資料をダウンロードして、様式に従って「パソコンで入力」
あとは「理由」「事業計画書」等の作成。
商工会議所のサポートもあるには、あるが…

291216582_953f924a70_o

「様式」は「Word」で作成されていましたが「何だこれ!?」
決められた「フォーマット」に入力すれば簡単に資料はできるはずなのに…


名前やふり仮名を入力すると「表」がめちゃくちゃ「暴れる、暴れる…」
触ると ”へんてこりん” なことになるばかり…

我流も我流…
表の作成もメチャクチャ…
「県」「国」「独立行政法人」などの資料を今までも作成してきましたが正直、困惑する「フォーマット」
の多さに呆れてしまう作成資料です。

それを一般の方に「このフォーマットにパソコンで入力しろ」と言われても…
「キチン」とパソコンを習われた方でも困惑するでしょう。
もちろん、企業で通る資料とは程遠いかな…
特にパソコンを上手く使えない方は、誰かに頼むしか方法はないでしょう。

「Word」の「表の作成」の基礎も出来ていない。
個人の資料ならいいが「お上」の資料がこのレベルとは…
数時間で出来る資料が、倍以上の時間がかかってしまう。

送付時に直接記入は「ダメ」で「パソコン」で入力してくださいとの事。
資料の様式を「CD-R」に保存し、ファイルの名前を指定の名前に変更し「CD-R」も同封してくださいとのこと。
パソコンが上手く使えない方には「正直、無理でしょう…」

「お上」の資料が「我流」でどうするの!?
しかもパソコンが使えない方は、諦めざる得ませんよね…
分かっている方でも、悩んでしまうような記入用の資料はどうなんでしょう。
生徒の方のそういった「お上」へ提出する資料を「お手伝い」させて頂いたことも何回もありますが、
「まぁ、作成しにくいしにくい…」
「Excel」の資料のときもありましたが「レベル低!!」
生徒様も「何でこんな資料になってしまうんだ!?」と「お上」に対してご立腹でしたね。

「ディードットステーション下中野教室」には「公務員」の方も何名か居られます。
このお話しを「世間話し」でしたところ、結構「分かってない方」が多いらしいです。
そのため当教室へ来られてるとのこと(そりゃ、そうだ…)

でも、誤魔化しながらなんとかやって居られる方が居るのも事実との事…

「各省庁」および「公務員」の方々、もう少し「パソコンのレベル」を最低、一般レベルまでは上げていってください!!
「改めて我流の恐ろしさを知った」というお話しでした。

shutterstock_139655147