お問い合わせでもよくある「チラシの作成」がしたいんですけど…
今回のブログはずばり「Word」で作ろうチラシ作成!!

lgf01a201312211200

新聞折り込みなんかに入っている「すごくデザインに凝っている」チラシは「Adobe社」が開発した
「 Illustrator」というソフトを使ったりしていますが、ご自分でやろうとなると…
「プロ」の方も使っているソフトで多機能すぎて使いこなすのはかなり大変かと…

じゃ「Word」で作っちゃえばいいじゃん!!


全国に展開されている大手老舗の店長さんの「H」さん。
期間限定で店頭に飾る「チラシ」が作成したいと…

以前は業者に依頼していたらしいですが、経費削減もあり一週間くらいしか店頭に置かないので、会社側から自分で作れと。
従業員の方が作っているが「自分のイメージと違う…」「もうちょっとこうして欲しい…」
ただ、ご自分で出来ないので「クチを出せないと…」

「Word」でチラシを作成する際には通常のビジネス文書とは、考え方や使う機能は変わってきます。

もっとも重要なのは「ターゲット層」により「内容が大きく変わる」ということではないか!?
というように私たち「ディードットステーション下中野教室」は考えています。
実際「チラシを作れるようになりたい」と入会される生徒様は多くいらっしゃいます。

チラシの「狙い」により「内容」も変わってきます。
今回は「期間限定で変わる店頭前に張り出す」というコンセプト。

「では、目立つものを大きくアピールしていきましょう!!」ということでSTAFFと一緒に試行錯誤。

「写真」「図形」「テキストボックス」「ネットフリー画像」「プリントスクリーン」「ペイント」を使い
行間も通常広げることは簡単に出来ますが、行間を詰めるということはあまり知られていませんね。
「固定値」という機能を使い見栄えのいいように調整。

試行錯誤しながら「約2時間」
完成した「期間限定チラシ」です(作成ソフト:Word2010)


img238

「H」さんの意見を取り入れ「バーン」と大きく目立つようにと作成出来ました。

「ディードットステーション下中野教室」では「チラシ」を作成されている生徒様もたくさん居られます。
内容も業種やデザインによって様々です。
よって使う機能も変わってきます。パソコンの中にある機能を使えば「そこそこのチラシ」も作成可能です。

「 Illustrator」を学んで使いこなせれば、確かにもっときれいなデザイン力のあるものは出来ますが、
ソフト購入の金額も高い、使いこなせなければ「無」、上手く使いこなせなければ「時間のロス」
当教室から配布する「折り込みチラシ」なんかも「Word」で作成しています。

身近にある「Word」でも十分「チラシ」は作成できますよ♪

Cute little girl is sitting at table with her black laptop and wearing glasses, isolated over white