パソコンのデスクトップ上に出てる「ショートカットアイコン」
今回は「Vol.2」という事で以前の【Windows7編】の続編で【Windows8.1編】です。
多少やり方が変わってきます。根本的な考え方は一緒ですが、少し複雑なので「続編」という
カタチでご説明していきます。

gatag-00009356

「ショートカットアイコンの作成方法」【Windows8.1編】


今回は「Windows Media Player」の「ショートカットアイコン」を「デスクトップ上」に作成してみましょう。
① スタート画面上でマウスポインターを動かし、画面下部に表示された「 アイコン 」をクリックします。

ショートカットアイコン 8.1編①

② デスクトップにショートカットアイコンを作成したい「アプリ」を「右クリック」し表示された一覧から
「ファイルの場所を開く」をクリックします(ここがWindows7以降から変わった点です)

ショートカットアイコン 8.1編②

③「アプリ」のショートカットファイルの保存場所が表示されます。
後は従来のやり方と同様です。
「Windows Media Player」を「右クリック」し表示された一覧から「送る」にマウスポインターを合わせて、
「デスクトップ(ショートカットを作成)」をクリックします。

ショートカットアイコン 8.1編③

④ デスクトップにショートカットアイコンが作成されます。

ショートカットアイコン 8.1編④

以上で操作完了です。
作成した「ショートカットアイコン」をダブルクリックし「アプリ」が起動することを確認してください。

※「Windows8.1」は「Windows7」以降、このへんの作業が大きく変更されている部分があり、以前の「OS」
では出来ていたのに…なんて方も多くいらっしゃいます。
「コツ」さえ覚えれば簡単なので、やってみてはどうでしょうか!?

今後は「Windows10」も含めこういったカタチになると思われます。
以前の「OS」に比べると少し複雑になりましたね…
だから「Windows7」が未だ「人気」がある要因かも分かりませんね。

lgf01a201304170600