こんにちは、少人数制個別指導のパソコン駆け込み寺♪
「ディードットステーション下中野教室」の田邉です。

本日は当教室でMOS資格(Microsoft Office Specialist)を取得し6/1から転職し会社に行き出した「Y」さんのお話しです。
会社に行きだし、先週土曜日LESSONに来られた「Y」さん。
表情も明るくなり、私たちSTAFFも一安心。

gahag-0007080899-1

今回の募集は男女各1名づつで倍率は20倍だったとの事!!
やはり、正社員で土日、祝日休みの好条件のところは倍率が高いですね。


お酒を扱う組合の会社で現在、従業員数社長を含め事務員さんとで6名。
50歳代の「10年選手の女性STAFF」が2名。

歓迎会があったらしく、新入社員の「Y」さんともう一人の男性新入社員で2次会へ…
「ウチの会社はパソコン業務が弱いから、君たち2人に頑張って頂きたいと…」
「システムに入力もあるが、もっとパソコンを活用して作業効率を上げていきたいとの事」


ここからが少し怖~いお話し…「50歳代の「10年選手の女性STAFF」
社長いわく「この仕事はできるが「Word」や「Excel」はよく分からないから…」といってやろうとしない…
「その為に君たちを採用したんだよ。しっかり仕事を覚えて下さい。1年後には、あの2名は辞めてもらう」と…

そりゃ単純に考えればそうですよね。
社員が仕事を選べる事は通常ないですもんね。
社長いわく「私が甘やかしたからだ」とも言われてたみたいですが…
見ている人は見ています。
お局さんが、いつまでも続くわけもない、よくお聞きする話ですね。

「Y」さんも気合が入っていた「お顔」をされていましたね。
「先生、もっとパソコンスキルをあげて会社に貢献したい!!」
涙が出そうになりましたね…
まだまだ20代で若い「Y」さん、パソコンが出来なくて約1年前に「資格を取りたい」と言って入会されて、
一生懸命頑張っていた姿が思い出されます。

1年前より一つも二つも大きくなっているように感じました。
「何かを始めること」よりも「続けることの方が難しい」資格の時も苦しい時は何回もあったでしょう。
諦めず「一発合格」したことが彼女の大きな自信になり、成長したのだと思います。
「Y」さん、これからだ!!
「見てくれている人は必ず見てくれている!!」「だから「今」を頑張ってください」

gahag-0056691844-1