こんにちは、少人数制個別指導のパソコン駆け込み寺♪
「ディードットステーション下中野教室」の田邉です。

本日10/7は「世界スマイルデー」らしいですね。
僕も初めて聞いたのですが、調べてみるとなかなか、説明がない…
やっと、見つけた記事をリンクしておきますね。

10月7日は世界スマイルデー(^o^)その理由とは!

政府は、昨日7日の閣議で、2016年版の「過労死等防止対策白書」を決定したみたいですね。
2014年に成立した過労死防止法で毎年国会への報告が定められており、作成は今回が初めてという。
長時間労働の現状や、対策の実施状況などをまとめた事を発表しましたね。

白書は、残業時間が過労死の目安とされる月80時間を超えた正社員がいた企業の割合が、2014年度に22.7%に上り、特に情報通信業が44.4%で最も高かったとする調査結果を紹介。
週60時間以上の長時間労働は減少傾向にあるものの、30~40代男性の割合が依然として高いとするデータも示していましたね。

1473293728383


ブラック企業という言葉もここ数年前から当たり前のように使用されるようになりました。
私自身も以前は、大手電機メーカーの工場の管理部門で働いていました。
10年程前にここ「ディードットステーション下中野教室」をOPENさせる為に退社しましたが…

僕がこの記事を見て、率直に感じたことを書かせて頂くと「今さら…!?」というのが感想です。
基本的には年間360時間の残業を超えてしまう事は法律上、禁止されています。
僕が働いていた時でも、年間360時間なんて平気で越えてしまいます。
工場で働いておられる作業員さんは通常ですが、管理部門や、役職になると、帰宅するのは当たり前のように深夜帰宅でした。
勿論、残業時間など付きません。
当教室に通われている生徒さんも同じような事を仰られます。
タイムカードは、定時で押されるように強制され、帰宅できないままサービス残業を反強制的にやらされている…
パソコンを習って効率的に仕事をはかどらせたいけれども、行く時間がない…と言われていた方も何人も見てきました。

月80時間の残業時間が企業の2割と言われていますが、これも氷山の一角ではないでしょうか?
上記でも書かせて頂きましたが、残業を隠している企業はこの統計には、反映されていませんし、自営業の方も当然当てはまっていません。

hgfth1-650x357


一方、日本人の働き方の問題も指摘されている現状も否めない事も事実でしょう。

8月3日、内閣改造が行われましたね。内閣改造で安部首相が取り組む「働き方改革強調!!」と強く仰られていました。
過去ログを掲載しておきますね。

「未来チャレンジ内閣」 首相、働き方改革強調!!

外国人が「日本人の働き方は世界一非効率」と意見!!
確かに昔は「日本人は勤勉」と言われていました。
昨今、世界からは「日本人は、勤勉ではなくダラダラ作業が好きな人種」といった厳しい指摘も受けていますね。
僕も「モノづくり」に携わっていた人間です。
モノづくり大国日本!!といった歴史は、完全に崩壊してしまいましたね。
技能オリンピックというものもありますが、過去では日本人が総なめにしていたほどの技術は、現在では他国に圧倒的な差で負けています。


1995年にWindows95が日本で発売され、2000年頃から急激な勢いでPCが企業でも当たり前のように導入されてきました。
僕自身も身を持って感じましたが、パソコンを使う事によって仕事量もグンと多くなったように感じました。
しかも、上手く操作できないであると、時間ばかりが経過。
同僚達も、同じような事を言っていたのは今でも鮮明に覚えています。
現在でも、そうではないでしょうか!?
実際にそういった方々が毎月、十数名お問合せがあるわけですから…

外国人が「日本人の働き方は世界一非効率」と意見!!
外部リンクを貼り付けておきますので、興味のある方はどうぞ。
http://www.mag2.com/p/news/220319

要は「効率的な働き方が出来ていない!!」という見方をされているんですね。
僕は、現在パソコン教室を運営していますが、仕事を効率化させるために、Word,Excelの上級やマクロを習いたいといった方のお問合せもあります。
操作を見させて頂くと、基本中の基本が上手く使えていないし、作業効率、手の動きなど、ムダだらけですね。
僕は工場時代、現在では世界共通語ともなった「KAIZEN」(改善)を主に手掛けていました。
3M(ムリ、ムダ、ムラ)を徹底的に排除していくのですが、日本人のパソコン操作は、スキルばかりに目が行き、動作のムダはあまり考えられていない現状がありますね。
と同時に、日本人の仕事は世界一丁寧という定評もあります。
外国人観光客の方も、日本人の接客や「おもてなし」に好感を覚え、日本が大好きという外国人が多いのも、海外からのメディアでも良く目にすることがありますね。

もっと、機能を使えば楽に作業出来るところを、何故か複雑に使用している。
「段取り一番、勝負を決める」という言葉があるぐらいですから、パソコン操作に関しても同じです。

「世界一丁寧」「世界一非効率」何かが少し変われば、私たちのこの日本は以前のような「Cool Japan!!」に戻れるのかも分かりません。

今後「世界一非効率!!」と言われている私たち日本人の働き方がどう変わっていくのでしょうか?
いくら政府が「過労死等防止対策白書」を発表したところで僕自身「だから、どうするの!?」といったコメントしか思い浮かびません…
私たちや、企業側が三位一体になって、覚悟を踏んで本気で取り組まなくては、何も変わらないのではないでしょうかね…

本日は「世界スマイルデー!!」皆さん、笑顔で元気に今日を頑張りましょう!!
皆さまが、素敵な1日になりますように…