こんにちは、少人数制個別指導のパソコン駆け込み寺♪
「ディードットステーション下中野教室」の田邉です。

岡山でも、朝晩はすっかり肌寒い「秋」を感じる季節となりましたね。
日中は、まだ少し暑い日もありますが最近は夏があり、そのまま冬に突入…
「あれ、秋はあったの!?」みたいな感じでしたが、今年は「秋」が久しぶりにやってきたなんて、当教室の生徒さんともお話しをしている「ディードットステーション下中野教室」です。

本日のブログは、ズバリ【メールでバレまくる「デキない人」の3大欠点!!】
社会人として当然のように使うMail。
当教室でも、業者間では当然のようにMailで毎日のようにやり取りをします。
こんな記事を見つけました。
「なるほどなぁ~!!」「確かにそうだな…」共感できる部分はたくさんありました。

【メールでバレまくる「デキない人」の3大欠点!!】
URLを貼り付けておきますので、興味のある方は、目を通してみて下さい。
http://toyokeizai.net/articles/-/129929

20150428_1


「仕事ができる人、できない人の差」で真っ先に思い浮かぶのは、なんといっても「メール返信のスピードの違い」だそうです。
仮に忙しくて即答できない場合でも「メールありがとうございます。いまXXの理由ですぐに見ることができませんが、◯◯日までに熟読して返信します」と、いつごろに返答できそうなのかを迅速に知らせてくれる。
これに対し、二流の人は「遅寝・遅起き・メールの返信は永遠にせず」で簡単な要件でも、なかなかメールの返信が届かない。
そういう人とは仕事がテンポよく前に進まないし、人間関係も疎遠になってしまうことも少なくない。「たかがメールの話でしょ?」などと侮ってはいけない。実は「メール1本」に、「ありとあらゆる仕事能力」が如実に反映されるらしいですね。


僕も仕事上、毎日のようにMailを使用します(特に業者間とですね)
会社員時代でも、今の事業でも多くの方と接してきました。
やはり、迅速な対応をされる方とは、仕事もスムーズに進みますね。
Mailを送っても返信までに凄く時間のかかる方、何日も経って返信してこられる方…
後程、ご返信します(後程っていつなの?)本日中?、何時間後?…
だから、僕の方からいつ頃になりますか(日程、急ぎであれば何分後なのか?)
やはり、出来る方はご自分からそれを、発信してきます。
更にできる方は「先程、Mailをお送りいたしましたのでといった☎までしてくださいます」

少々お待ちくださいという言葉も丁寧には聞こえますが、この「少々」もクセモノです。
その方とこちら側の「少々」の時間にも温度差(時間の間隔)があるのです。
こちらが、2~3分くらいだろうな…と感じている場合と、相手側は4~5分と感じているのかでお客様の満足度は大きく変わってきますよね。
皆さんも、商品の買い物に行かれた時にこんな経験をお持ちではないですか?
僕自身も何度かそういう経験があるし、嫌な感情になりましたね。
「クレーマー」という言葉が当たり前のようになった時代ですが、色んな本を読んでいると「クレーマー」を作っているのは実は「あなた」ではないですか?という内容のモノを読んだことがあります。
接客やMailひとつでも、大切な「お客様」や「クライアント」の方への信頼をなくしてしまう!!
それだけ、大切な事だと僕は思いますね。


特に最近の若い子「スマホ世代」と言われていますが「LINE」を使うので「Mailに件名がない」といった取引業者からの抗議などもあるといわれています。

%e7%84%a1%e9%a1%8c
「NEWS ZERO」My generation(2016.7.12)放送
URLを貼り付けておきます(下記URLをクリックorタップしてみてください)
後半でMailの部分が放映されています。
http://www.ntv.co.jp/zero/movie/index2.html?embed=5033468618001


当教室でもSTAFFには重々注意して頂くようにと言ってありますし、就職や転職が決まった特に若い世代の方には「おせっかい」かも分かりませんが、必ず言わせて頂きます。
パソコンスキルよりも「当たり前の事を当たり前に出来るようになって下さい」と…
「挨拶」「返事」「笑顔」「報連相」「事後報告」etc.
若い子全てを「ひとくくり」にする事は出来ませんが、そういった方が増えているのは感じますね。

「たかだかメールのスピードくらい」と思ってはならない。メールの返信が遅い人は、仕事の進捗もたいてい遅く、デッドラインも破りがちで、どんな仕事でも結局後回しにする習性があるものだ。とも言われています。

たかが、それだけの事と思われるかもしれません。
ただ「たかがそれだけの事」で上司に睨まれたり、職を追いやられるなんて勿体ないですよね。
最低限の「ビジネスマナー」くらいは、見に付けておきたいですよね。「学校の勉強」でもなく「学歴」でもなく「仕事のIQ」を高めていって欲しいですね。特にこんな時代なので…

iq-eq-mi01