こんにちは、少人数制マンツーマン個別指導のパソコン駆け込み寺♪
「ディードットステーション下中野教室」の田邉です。

先日、お友達とランチに行った時のお話し。
ランチって言うか、男二人でたんなる飯食いに行ったというお話しですが(笑)
あるお洒落な中華料理屋さんに入りました。
店内も綺麗で、オシャレな感じ。
店内は、少しくねくねしてて小部屋があちらこちらにある感じ…

通された部屋には2つのテーブル。
お隣では少し高齢の老夫婦の2名。
テーブルの上を見てみたけど、注文のMENU表がない…
あるのはあったが、キャンペーン中のチラシらしきものだけで価格は高い。
店員さんを呼ぶ「アラーム」みたいなものもない。
あったのは…
このタブレット1台。

img_0859

img_0856


回転寿司なんかでは、最近よく目にすることが増えましたね。
僕ら2人は何となく分かりましたが…
隣の席に居られた老夫婦の今はなき「福岡ダイエーホークス」の帽子をかぶった旦那さんらしき方が「おい、お兄ちゃんらこの機械さっぱり分からんのよ…」と。
「目が悪いからよ~見えんし、商品の画面から元の画面に戻らん」
「面倒くさいのぉ~…」と。
「こうやったら、元の画面に戻りますよ」と説明していたが「訳が分からんわ、店員も呼べれんし…」


店内も入り組んだ部屋が多いため、注文を取りに来る手間を省いたのか、人件費削減のためか…!?
注文したのを運んできた方も中国系の方で「日本語があまり堪能ではない…」お隣の老夫婦も言葉が上手く通じないからかなりイライラしている様子。

確かにここ最近、20年くらい前からパソコンの普及から一気にこういったテクノロジーが急速な発展を遂げてきました。
電子書籍、ネットバンキングetc.
確かに便利な時代になりました。
でも、この便利なツールが横行し危険も伴われてきたことも事実ではないでしょうか…?
あくまでも個人的な感想ですが…

パソコン教室も「人」が指導するカタチから人件費削減の為「ビデオ形式」の教室が一気に増えてきました。
ただ現在は、そういった「ビデオ形式のパソコン教室が閉鎖に追い込まれて行っている現象がありますね」
ディードットステーション下中野教室は一切「ビデオ」は使用しません。
「人対人」で全て対応いたします。
お問合せでも「そこの教室はビデオを使うの?」と良く聞かれます。


人工知能(AI)の進化で「10~20年後には何百もの仕事がなくなる」とも言われています。
AI新時代、奪われるヒトの仕事 執筆・接客代替、弁護士ですら置き換わる?

cloud%20computing%20diagram

未来の事は分からないが殆どの仕事がなくなるとは僕は思わないし、やはり人間は素晴らしいと思うし、人間だから出来ない仕事だって沢山あると思います。感情や、悲しみ、喜び、悩み…etc.
確かに人工知能(AI)が発展しても、人間にはかなわない…
そうなって欲しくないと僕は感じています。

ちなみにお隣でお食事されていた老夫婦の方は「もうこの店には来ない!!」と仰っていました。
確かに食事は美味しかったですよ。
ただ、なんか寂しい気持ちにもなった昼食でしたね…