こんにちは、少人数制マンツーマン個別指導のパソコン駆け込み寺♪
「ディードットステーション下中野教室」の田邉です。

今回のBLOGは「答えがないから…」
ん、何の事!?

ウチの子(中1)は自慢できる話しではありませんが、殆どとと言っていい程、勉強が苦手です。
成績も後ろから数えた方が遥かに早いといったところでしょうか(笑)
当初は「塾」に通っていましたが今は「家庭教師」の先生に来て頂いています。

家庭教師の考え方も色々で、いくつかの会社の先生に来て頂いてお話しをお聞きしました。
そこである先生が言いました。
「すぐに成績を上げる事がウチの会社は出来ます!!」と…
ほう!?
よく聞くと「理科」「社会」を最初に頑張るのだそうです。
何故か?「答えが一つしかないので暗記を頑張ればいいからだそうです」
「数学」はどの辺からつまづいているのかを調べながら、やっていくので答えは一つだが時間がかかる…と。
「国語」に関しては「複数」の回答があるから、これも時間がかかる。
「僕は自分もパソコン教室をやっていて考えるのは、生徒さんに何でこうしないといけないのか?」という事を説明する事を心掛けています。
成績を上げたいのみの親御さんなら、それでもいいかもしれません。
その会社の考え方についての考え方は今回は書きませんが、結局別の家庭教師の先生に現在は教わっています。
「国語と数学が主です」


前置きが長くなりましたが、パソコンも色んな操作方法があります。
答えはありません。
結論から言えば結局出来ればいいのかも分かりません…
ただ、これだけ日々物凄いSPEEDで進歩して「日本人の働き方が変わる」といった時代に「結局出来ればいい」が通用しなくなっている現実もありますね。
「何故、こうするのか?」「どうしてこうなるのか!?」が分かっていなければ「必ずつまづく!!」というのが当教室の考え方です!!
そう最初の家庭教師の先生が言われていた「数学」の考え方が必要になってくると思います。
過去ログでもご紹介しましたが、日本のパソコンレベルは世界でも低レベル!!

日本のパソコンレベルは先進国の中で最低レベル!?

何故この約20年間の中でこんなにも「日本」は世界から置いていかれたのでしょうか!?
先程も言ったように色んなやり方がある。
「我流」の人がたくさん生まれた。
いい「我流」というものは存在しません…
その「我流」の方が初心者の方に教える、そしてまたその繰り返し…
企業の中で、それで作業効率は上がるのでしょうか?
皆さんお分かりの通り、上がるはずがありませんよね。

● パソコン操作は決まりがないから「我流」が出る…
● パソコン操作は決まりがないから怖い…
● パソコン操作は決まりがないから「操作のSPEEDに差が大きく出てしまう…」

そう、結果としては「数学」と一緒で一つなのですがパソコン操作は「1+1=2」ではないんですよね。
過去ログでもご紹介したように「Word」でも「無理やりExcel」を使ってでも文章は作成できますが…と同じではないですかね?

『あなた、間違ったものを使っていませんか!?』

僕が工場で管理の方で働いていた時もそうです。
工場には大きなロボットも働いています。ロボットの稼働域があり可動域内で人がウロウロしていると非常に危険です。
その為に「ラインテープ」といって床に白いテープを貼ったり、人が入れないように「プラスチック製のチェーン」で入らないように促しています。
でも居るんですよねぇ~。近道の為に入ってしまう、怪我をしてしまう人が…
だから「入るな!!」だけでは駄目なんですね「ここを入ってると少々、大丈夫といった気持ちが大きくなるよね、でもヘタしたら大怪我しちゃうよ、最悪「死」に繋がる事もあるし「労災」で本社からの検証もあるよ」と説明します。
そうすると、誰もその行為をしなくなるんですね。


だから当教室で「Excel」で文章を作成している方は誰もいません(笑)
今までは「Excel」で作成していた人も、今では勿論「Word」で作成しています。
「別に「Excel」で作成してもいいですよ」とお聞きすると「あんな面倒くさい事出来ないよ」と今では仰います(笑)

では「Word」で文章を作成する際にも大きく「MOTTAINAI!!」事をされておられる方が多く見受けられます。
本当に小さなことですが「基本中の基本です」
「Word」というのは「編集しながら作成しない!!」
ん、どういう事!?

上のような完成した資料がありますよね。
文字が「右揃え」になっていたり「中央揃え」になっていたり「文字が大きかったり」と…


まず、左側にどんどん入力していきましょう。
これを通称「ベタ打ち」と言います。
何故「ベタ打ち」しないといけないの?

はい、では説明しましょう。
日付を入れました。
「右揃え」にしました(ビジネス文章では日付は右側と決まっています)
「赤い線」がカーソルです。

では改行してみましょう。

カーソルが「右揃え」になっていますね。
そうです「編集」をしてしまっているので「覚えてしまっているのですね」
次の行は頭から入力したいのに…
「Back Space」で戻す動作「6回」押さなくてはなりません。
「Oh~MOTTAINAI!!」

こんな事を全てしていたら先人の人が言っていた「お~い、そんな事してたら日が暮れるぞ~(笑)」ということです。
舐めてはいけません、こんな事の繰り返しです。
では、何故皆さんはそうやってしまうのか?
「自分の資料がキチンと出来ているのか不安だから…」なのです。
これが「人間が持っている本能です」

もう少しやってみましょう。

「Wordは何故「ベタ打ち」なのでしょうか?」
と入力し「文字を大きくし色を付け」「中央揃え」「下線」を設定しました。
では改行してみましょう。

次の文字を入力しようとした際、前の行に付けた「書式」
「文字を大きくし色を付け」「中央揃え」「下線」を設定したものが中央から入力されてしまいます。
これをいちいち直していたら、多大な「ロス」ですよね。

だから「ベタ打ち」していく必要があるのです。

編集はすべて文字を入力し終わってから!!
しなくても出来ますが、わざわざ時間の掛かる事をする必要はないでしょう(笑)
あなたなら、どちらを選びますか!?

馬鹿にしてはいけませんよ(笑)

本気で知りたい人だけにコツを教えちゃいます。
「初心者だから初めが肝心!!」


仕事、生活、遊びの中で多くの「学び」が世の中にはありますね。
その中から「多くの学びや反省、考えさせられる事」をご紹介していきます。
PCスキルばかりではなく、身近な話題も共有出来ればと思っています。

アットホームなパソコン教室♪
D.St@tion(ディードットステーション)下中野教室
お仕事、趣味の世界から資格取得、パソコン修理まで何でもお気軽にお問合せ下さい。
http://sumaho-okayama.com/
086-245-8233