こんにちは、少人数制マンツーマン個別指導のパソコン駆け込み寺♪
「ディードットステーション下中野教室」の田邉です。

前回のBLOGで「表」はいったん完成しました。
引き続き「課題」に入る前に少しbreak time」ということで…

今日のBLOGのタイトルは『変化!!』
パソコン教室として今回は「技術面」ではなく「メンタル面」についてお話ししようと思います。

「中々覚えられないなぁ~…」
「すぐ忘れちゃんだよねぇ~…」
今日は、こんな事を感じたり思っている人に書いてみます。


あなたはパソコンン教室でキチンと練習しています。
最初は淡々と覚えている。
少しづつ難しくなってくる。
そんな時、ある思いに駆られる時期があります。
「中々覚えられないなぁ~…」
「すぐ忘れちゃんだよねぇ~…」「本当に使えるようになるのかなぁ~…」と思ってませんか?

「絶対に上達できます!!」
あなたが「上達しない」「停滞している原因」は分かっていますか?


【原因その①】
「自分はパソコンは向いてないと思っている」


残念ながらこれは原因には、なりません!!」

60~70代の生徒さんも、男女問わず普通に使っている人はたくさん居られます。
そんな年輩の方とあなたを比べてあなたは何かが劣っていますか?
知力が劣っていますか?
記憶力が劣っていますか?
パソコン操作に年齢(90歳ともなれば厳しいかも分かりませんが)も性別も学歴も関係ありません。
しかもこんな時代「自分はパソコンは向いてないと思っている」なんて言っている場合でもないのもあなた自身も気付いているはず…


【原因その②】
「習ったけど良く分からなかった」
これは、ありそうな意見ですね…


習ってもさっぱり分からないし「その教室のシステムに合う合わないもあると思います」
「結果がすぐに出るのを求める人」
「その先生をとにかく信頼してる人」
「あなたの頭の中で、出来ないかもしれないと決め付けている人」と考える人様々です。


【原因その②】
「実は上達してるのに気づいていない」
意外にもこれは多いんです。


パソコンなんて直ぐに覚えれるものではありません。
小学校でも「1,2,3,4,5,6年生」と順を追って行きますよね。
「足し算」が出来ていない子が「掛け算」が出来ますか?(九九は言えますが…)

こんな話があります。
ウチの子がまだ小学生の頃、九九を習い出した頃「3×3=」と聞くと「9」と自信を持って答えていました。
じゃあ「9」の中に「3」がいくつあるの?と聞くと…ダンマリ(笑)
仕組みが分かっていませんでした。
パソコンも一緒で「何でこうなるのか、だからこの機能を使う」という格好良く言えば「メカニズム」を知れば分かってくるんです。
でも会社でも使ってはいるが、上手く使えてない人が沢山居られます(ディードットステーション下中野教室調査から)
何故なのでしょう!?

会社の中には「教えたがり屋さん」が沢山居られます。
操作方法は様々な方法があります。
「A」さんはこう教えてくれた。
「B」さんは、別の方法を使ったら便利だと言われた。
そこに発生するのは「混乱」しかありません。
しかも、その説明が本当に正しい説明なのでしょうか?

更に別のお話しをしていきましょう。
塾に通っていたウチの子が合わなかったらしく中学校1年生から「家庭教師」を今はお願いしています。
「塾」「家庭教師」って以外にもそんなに料金が変わらないんですね。
色んな業者さんのお話しをお聞きしました。
「A社」さん
「ウチは必ず偏差値を上げる事が出来ます」と。
よくお話しを聞いていると「理科」「社会」を先にやるのです。
「理科」と「社会」は答えが一つなので暗記すれば成績はすぐに上がります」と…
「数学はどこからつまづいているのか、小学3年からか、5年生からか…」そこを調べるのに時間が掛かるから後回しだそうです。
「ん!?」
何か腑に落ちなかった僕は「じゃあ、何の為の勉強なんでしょうか?」とお聞きすると「こんな時代だから偏差値を上げていきたい学校に行く、行きたい会社に入る為です」と…
「いい学校」「いい会社」って何だろう?
僕は子供らに「勉強する」という「習慣」を身に付けて欲しかった。
「勉強」することによって「分からない事が分かるようになった楽しみ」「仕事に就いた時に自分で考えるチカラを身に付けて欲しかった」
偉そうなことを書いていますが僕自身は「勉強」なんてどうでもいいと思っています。
僕は「学歴」もないし子供の教育に関しては、ほぼ「ノータッチ」
カミさんから話しを聞いてくれと言われたので聞いただけの話しです。

結局、別の家庭教師の先生に見て頂いています。
考え方は正反対で「数学」「英語」を主で見て頂いています。
成績の方は…(笑)
でも本人は「楽しみながらやっています」
最近では自ら机に向かっている姿も目にします(以前は全くありませんでしたが(笑)

当教室の考え方は「楽しく」「自分のペースで」「繰り返し」を3本柱に考えています。
淡々とやっている方の方が「どんどん上手くなっていきます」
「出来る人」「出来ない人」の差はやはりあります。
「来たり来なかったり」「せっかちで説明を聞いてくださらない」「困った事だけ教えてくれ」

これでは「いつまで経っても上手く使えるようにはなりません」
今日「10個」の機能を教わった。
「3個くらい覚えていれば十分です」「7個は知っておいて下さい、全く忘れても問題ありませんから」とお伝えしています。
「覚えようとしないで下さい、覚えれたらいいなくらいに考えておいて下さい」とも。
そうすると不思議と「皆さん覚えてるんですよね~」不思議なものです。
いつの間にか自分に「プレッシャー」を掛けてしまっているみたいですね。

だから「プライド」なんて捨てること!!
分からないなら「分からん」と胸を張って言えばいい!!
僕はそう思います。
失敗から学ぶことの方が遥かに多い。
ウチの生徒さんは結構ハッキリと言われますよ。
「じゃあ一緒に行きましょう」

何かを覚えるのには「コツ」があるんですよね。
人は何か「夢」「目標」「習い事」を始める時、掴もうと思った時に大切なのは「学歴」でもなく「学力」
「学ぼうとするチカラ」だと僕は思います。


『「出来る人」と「出来ない人」の差』
過去ログをUPしておきます。

「出来る人」と「出来ない人」の差

『マッスルメモリー!!』

マッスルメモリー!!

「初心忘れべからず」


馬鹿にしてはいけませんよ(笑)

本気で知りたい人だけにコツを教えちゃいます。
「初心者だから初めが肝心!!」

仕事、生活、遊びの中で多くの「学び」が世の中にはありますね。
その中から「多くの学びや反省、考えさせられる事」をご紹介していきます。
PCスキルばかりではなく、身近な話題も共有出来ればと思っています。

アットホームなパソコン教室♪
D.St@tion(ディードットステーション)下中野教室
お仕事、趣味の世界から資格取得、パソコン修理まで何でもお気軽にお問合せ下さい。
http://sumaho-okayama.com/
086-245-8233