こんにちは、少人数制マンツーマン個別指導のパソコン駆け込み寺♪
「ディードットステーション下中野教室」の田邉です。

『小学生の将来の夢に「YouTuber」が登場 学研「小学生白書Web版2016」調査結果』
学研ホールディングスが「小学生白書Web版2016」の調査結果を発表しました。
このなかで「将来つきたい職業」「YouTuber」と回答した小学生がいたことを報告しています。
将来就きたい職業の質問では、男子のトップ3はプロサッカー選手(8.3%)・プロ野球選手(4.8%)・警察官(4.5%)
女子のトップ3はケーキ屋(10.2%)・パティシエ(10.0%)・医師(4.5%)と定番の職業がならんでいます。
そんななかで今回「YouTuber」と回答した小学生がいたことを、発表の中で大きく取り扱っています。
「YouTuber」の回答数は0.5%(6人)と少数ながらも、この新しい仕事に小学生も注目しているという事実は非常に大きなものかと思われます。
(ねとらぼ 4/6(木) 14:00配信)


僕らが小さい頃は「プロ野球選手」がやはり断トツでしたね。
僕はサッカーをやっていましたが、その頃はJリーグもプロもなかったのでランキング外でしたかね…?
7位の「大工さん、建築家」は嬉しいですね。
僕の親父も「大工」でその影響もあり、車椅子になる前は「内装業」でしたからね。
その頃は「ゲームデザイナー」もない。
「YouTuber」とは驚きですね。
時代の流れを感じますね。
ちなみに僕の小学生の頃の「夢」「レスキュー隊」でした(笑)

なんにしろ「夢」がある事はいいことだと感じます。
「夢を追いかける子供たち」を応援していける大人で在りたいですね。

さて本日のBLOGは「課題1」の続きで本日で完成させましょう!!
前回のBLOGをUPしておきますね。

『GOALは近い』

「課題1」の完成図の写真を載せておきます。

前回までの進捗状況の写真です。

※前回のBLOGの中で忘れ物が一点ありました。
「小山書店ビル1F」を右揃えにしましょう。
㊟表全体を選択して右揃えにしてしまうと、全ての文字が右側に揃ってしまうので注意してください。
「小山書店ビル1F」のみを範囲選択し「右揃え」にしてください。

では、最後になります。
前回、「1ページに収まらないので2ページ目にまたがりました」
後で処理しますので、今回はこのままいきましょう。と説明しました。
では、これを「1ページ」に収まるようにしていきましょう。
ひょっとしてあなたは「Back Space」で調整しながら「無理やり1ページ」に収まるように調整してる!?
「僕はやってましたけどね…(笑)」
Back Space」を押して「カチャカチャ…」と印刷イメージを確認しながら…
そんな事しなくていいんです。


準備はいいですか!?
まずは印刷イメージを確認してみましょう。
「ファイル」タブを選択し「印刷」のをクリックします。

印刷イメージが確認できますね。
「2ページ」にまたがっていますね。
赤枠部分の「ページ設定」をクリックします。



「ページ設定」
ダイアログボックスが表示されます。
「文字数と行数」タブが選択されている事を確認します。
「行数」の部分が「36行」になっていますね。
「Wordの初期設定は元々36行設定になっています」
「行送り」の部分が「18pt」になっていますね。
これは「行」「行」の間隔の事です。

「1ページ」に入るように行数を変更してあげましょう。
今回は「行数」の部分を「40行」に変更。
「行送り」の部分が「18pt」から「16.4pt」に変更されましたね。
つまり「行」「行」の間隔が狭まった訳です。
「OK」で確認してみましょう。

「1ページ内」に体裁よくレイアウトされましたね。

Back Space」を押して「カチャカチャ…」は必要ありません。
逆の立場も一緒です。
上部に文字が寄り体裁が悪かったら「行数」を減らせばいいんです。
「Enter」で広げて不格好なレイアウトにわざわざする必要はありません。

「完成で~す!!」


「いや~長い道のりのBLOGでした」
間に休憩が入ったりと読んで下さっている皆様には迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。

BLOGは遠回りいたしましたが今回の「課題1」のシリーズで「機能」を使えば当教室の生徒の方で速い方であれば「10分」くらいで作成できます。
ご年配の方でも「30分」もあれば完成します(皆さん初心者からのSTARTですよ)
どなたも「ブラインドタッチ」は使いません。
いくら「ブラインドタッチ」が速くても「機能」を上手く使えなければ「10分」では完成しません。
現に当教室でも検証済みです。
以前、無料体験時に「10分」もあれば出来ると言った方が居られました。
やっていただくと「半分」くらしか出来ませんでした。
その彼も今では当教室の生徒様で現在は「10分少々」で作成できるようになりました。
以前から言っているように「手」が動いていると「作業」が進んでいると「錯覚」してしまうのが「人間」です。
「作業能率」が上げるとはそういう意味です。

「ブラインドタッチ」「プラス」の要素を付けるよりも「機能」を使った方が効率が上がる。
作業の「3ム」(ムリ、ムダ、ムラ)を減らせば「作業能率」は格段に上がる!!

「働き方改革」を求められている現在の「日本」
「人工知能の発達」「長時間残業の撤廃」
脅すような事はないですが「あなたは生き残れるのか?」
「まだ大丈夫」と思っているあなた…
「時代」は物凄いSPEEDで進化しています。
「未来」を見てください。

前述で記載したように「夢」「目標」があるのなら、その為の「準備」「プロセス」「やり方」が必要になってきます。
それらを間違った「やり方」をするのであれば「夢」「目標」は遠のいてしまうのかもしれません。
「キチンと習う」とはそういう事だと僕は思います。
僕らはそういう「覚悟」を持って「生徒さんと一緒に進んでいます」

「そう、あなたはきっと出来るのですから…!!」


本気で知りたい人だけにコツを教えちゃいます。
「初心者だから初めが肝心!!」

仕事、生活、遊びの中で多くの「学び」が世の中にはありますね。
その中から「多くの学びや反省、考えさせられる事」をご紹介していきます。
PCスキルばかりではなく、身近な話題も共有出来ればと思っています。

アットホームなパソコン教室♪
D.St@tion(ディードットステーション)下中野教室
お仕事、趣味の世界から資格取得、パソコン修理まで何でもお気軽にお問合せ下さい。
http://sumaho-okayama.com/
086-245-8233