こんにちは、少人数制マンツーマン個別指導のパソコン駆け込み寺♪
「ディードットステーション下中野教室」の田邉です。

春を一気に超えて夏日が続いている「岡山」です。
女性は日傘を差し、男性はTシャツ姿の方が多く見受けられますね。
少し例年より早い気がしますが皆さん「熱中症対策」にも気を付けてくださいね。

さて今日のBLOGは『人材不足!?』
先日、僕の友達で岡山でもんじゃ焼きのお店を3店舗経営している友達と久しぶりに☎で長話しをしました。
その中で「人材不足」のお話しが出てきたのでその辺のお話しも…

最近、人手不足が日本経済の制約要因になりつつあるとの見方が増えている。
失業率は完全雇用とされる3%程度での推移が続いていたが、2017年2月には2.8%と1994年12月以来の2%台に低下、3月も2.8%だった。また、有効求人倍率は2013年11月以降、求人数と求職者数が一致する1倍を上回り続け、2017年3月には1.45倍と約26年ぶりの水準まで上昇している。
日銀短観2017年3月調査では、全規模・全産業の雇用人員判断DI(過剰-不足)がマイナス25で、バブル崩壊直後の1992年以来の人手不足感となっている。宿泊・飲食サービス、小売、運輸・郵便など労働集約的な業種が多い非製造業、人材の確保が難しい中小企業の人手不足感が特に強い。
こうした中、スーパーや百貨店の営業時間短縮、ファミリーレストランの24時間営業の取りやめ、宅配業者のサービス縮小などが相次いでいる。
人手不足はどれほど深刻なのだろうか。
(東洋経済ONLINE 5/25(木)より引用

NEWSなんかを見てると「求人倍率」「GDP」とか景気が上向いたということばかり言っていますが…
色々と調べてみると…


僕自身も「岡山」の経営者の方々のお話しを聞いていると「景気が上向いている」とは思わないと皆さん、口を揃えて仰います。
上のグラフでもあるように「採用が困難」「企業が求めているいい人材がいない」「離職率が高い」と言った声を耳にします。
TVのNEWSとは「温度差」があるように感じます。

上記で僕のお友達の話しを出しました。
彼曰く「人材募集」は掛けているが「欲しい人材がいない」と言います。
特に仕事は高度な事を求めている訳ではありませんが「接客業」として「最低限度」の事が出来ないと嘆いています。
「最低限度」=「挨拶」「笑顔」「立ち振る舞い」
時給820円。
近辺のお店も「人材不足」で時給を850円に苦渋の選択で賃上げしたらしいです。
それでも来ない。
近所の大手チェーン店が890円に賃上げしたらしいです。
若い子達は「時給」の高いところに流れていくそうです。
じゃあ、そこも「賃上げ」したら!?と思うところ…
聞いてみると「そんなことしたら店が持たない!!」だそうです。

当教室の若い世代の子に少し聞いてみたところこう言われました。
「休みは多い方がいい」「残業はしたくない」「給料は多いところの方がいい」
僕はこう答えました。
「そんないいトコあったら紹介してよ(笑)」
いつから、こんな時代になったのでしょう…

飲食店ばかりではありません。
パソコンを使えない若い世代が多過ぎる。
「誰か教室にいい人居ない? 居たら紹介してよ」なんて。
何名かはマッチング出来た事もありますが、なかなか知人に紹介となると難しい問題もありますね。

離職率が高い事も事実の様です。
「仕事をやっと覚えた頃、辞めていく…」
「出勤率が低い、遅刻、無断欠勤までも平気」の子が多いらしいです。

どうもTVで言っているのと経営者の声とはおおきなギャップがありますね。
政治の事は良く分かりませんが、NEWSとは真逆ですね。

コンビニエンスストアが10年後には全てセルフレジに変わるという話しも聞きました。
詳しく調べてみると…
「全コンビニに無人レジ 大手5社、流通業を効率化 」
セブン―イレブン・ジャパンやファミリーマートなど大手コンビニエンスストア5社は消費者が自分で会計するセルフレジを2025年までに国内全店舗に導入する。
カゴに入れた商品の情報を一括して読み取るICタグを使い、販売状況をメーカーや物流事業者と共有する。
深刻化する人手不足の解消を狙うとともに、流通業界の生産性向上につなげる。
2025年と言えば既に8年をきっていますね。
コンビニで働いている方が居なくなるという事は何万人の失業者が出てしまうのでしょう。
ちょっと視点を変えてみれば「ガソリンスタンド」「セルフスタンド」がいい例でしょう。
「価格」も安くなり「人材」は減らせる。
経営側にとっては「楽」になりますね。

人は余っている。
会社はいい人材が確保できない。
大手企業はお金で「出来る人材」を確保できる。
が、出来ない人材は切り捨てられていく。
給料形態も「年功序列」はなくなり「能率給」から「成果報酬型」へと変わろうとしています。
中小企業は「人材を確保出来る余裕がない」
昔みたいに「残業」で補えない。
今後、ロボットや人工知能の普及が更に進み、人の仕事が奪われていく。
一見「人材不足」という言葉に「安心感」を持っていましたが、今後は益々厳しい時代に入って行くのかもしれないですね。

現在、求職中の生徒さんもこう言います。
「ハローワークに行っても凄い人の数です」
「求人はそんなに溢れるほどは出てません」

「日本の働き方」は確実に変わってきているし、今ある時代が厳しい時代に進むのは確実のようですね。

当教室でも「パソコンから今まで逃げて来たから、もう逃げられない」といったお問合せが多くなりました。
「転職したいが資格がないと厳しい…」
でも、実際まだ逃げている方も良く目にします。
あなたは、いつまで逃げれるのでしょうか?

「3年」
「5年」
それとも「10年…」
ひょっとしたら「来月」かもしれませんね…
逃げたものはいつか捕まりますよ。
僕もそうだったし、この教室に来られている生徒の方も…


仕事、生活、遊びの中で多くの「学び」が世の中にはありますね。
その中から「多くの学びや反省、考えさせられる事」をご紹介していきます。
PCスキルばかりではなく、身近な話題も共有出来ればと思っています。

アットホームなパソコン教室♪
D.St@tion(ディードットステーション)下中野教室
お仕事、趣味の世界から転職、学生の方、パソコン修理まで何でもお気軽にお問合せ下さい。
MOS(Microsoft Office Specilist)資格までバッチリサポート!!
http://sumaho-okayama.com/