こんにちは、少人数制マンツーマン個別指導のパソコン駆け込み寺♪
「ディードットステーション下中野教室」の田邉です。

今日はこんなNEWSから
「ソフトバンク、新卒採用に「IBM Watson」活用 エントリーシート確認時間を75%削減!!」
ソフトバンクが5月29日、新卒採用選考のエントリーシートを評価する際に、人工知能「IBM Watson」日本語版を活用すると発表した。
人事担当者がエントリーシートの確認作業に割く時間を75%削減できる見込みで、その分の時間を応募者との対面でのコミュニケーションなどに充当する。
過去のデータを学習させた「IBM Watson」に、エントリーシートのデータを読み込ませ、エントリーシートの項目ごとに評価をさせる。
合格基準を満たす評価が提示された項目については選考通過とし、それ以外の項目については人事担当者が内容を確認し、合否の最終判断を行う。
対象となるのは、総合職(総合コース・営業コース)志望者のエントリーシート。
ソフトバンクの新卒採用枠に応募可能な入社時30歳未満の既卒者・他企業での就業経験者のエントリーシートも含まれる。
これにより、統一された評価軸でのより公平な選考を目指すとしている。
(ITmedia エンタープライズ 5/29(月) 12:56配信)より


遂に「人工知能」が私達のすぐ近くまでやってきましたね。
人為的作業の75%削減とは、もはや私達「人間」の働く場所は今後どうなっていくのでしょうか!?
一方「対話能力」「コミュニケ―ション不足」と最近言われている部分を対面式で評価される。
「人工知能」「人間」との「バランス」の面にかけてはいい取組みなのかもしれないですね。
今後の「ソフトバンク」での「公平な選考…」とやらを見守っていきたいものですね。

さてさて、今までの過去ログでも色々な事をBLOGでご紹介してきました。
PCのスキル、考え方、日常のお話しetc.
僕なりにパソコン教室を運営しながらすべての「考え方」には繋げていっているつもりですが…
生徒の方も含め、友達、まだ出会ってない方々など楽しみに読んで下さっている方、いつも有難うございます。
今日はそんな中からPCスキルを覚えるちょっとした「ヒント」を少し書いてみようと思います。

BLOGタイトルは『タイトルで覚える!!』

パソコン教室も様々な教材を使用しています。
「ビデオ教材」「テキスト」当教室は「ビデオ教材」は使用せず「テキスト」をもとに「人間がほぼマンツーマン形式」で対応いたします。
今回、その方法の話しは置いといて…
「覚え方」のお話しを。

僕は小学校の頃から「勉強」は苦手な子でした。
授業中もふざけたりして小学校1年生から6年生までの「通信簿」で授業の邪魔をしないで下さいね…なんてずっと書かれていたような子供でした。
今から考えると「先生」は大変だったでしょう。
当時の先生方、大変申し訳ありませんでした。
そんな中で、同じように授業中ふざけているのに「勉強」が出来る子って皆さんの周りにも居ませんでしたか!?
僕の友達にも居ましたね。
家で凄く勉強しているのかと思ったけど、そうでもない…

中学校に上がっても相変わらず「勉強」は嫌い。
同じ友達も「勉強嫌い」な奴の中で、試験だけは必ず「上位」にいた友達がいました。
彼は授業中もほとんど「先生」の話しは聞いていません。
彼は試験前になると、勉強出来る子から「ノート」を借りていました。
借りたノートを見てみると「先生」が書いた事がノートにビッシリ!!
「お前、それ丸々覚えるの?」と聞いてみると「そんなん、間に合う訳ないじゃん」と。
「こいつ、アホやろ!?」とも。
「こんなん、1ページに書いてて必要なのは約3~4行やわ」
「10ページあっても、テストに出るのは20か所くらいなもん」
「そこだけ、覚えときゃ点数は取れる」

そう彼は「POINT」だけ抑えていたのです。
以前の過去ログで塾の先生が口にされた「勉強のコツ」という言葉を使った記事を書きました。
そのコツとういうのが、この「POINT」なのかもしれないですね。

では、当教室でのLESSONはと言うと…
過去ログで「発信日付(今日の日付け)は入力しなくてもいい機能がWordにはある」というものを書きました。

Wordで日付の入力 簡単一発入力!!

LESSONの中でも、その中で「和暦」「西暦」(Office2013からはグレゴリオ暦)がある。
「全角文字を使用するならその部分ににチェックを入れて下さい」
「日付を更新するのならばそこにチェックを入れて下さい」
「ただ、入れてしまうと保存したファイルを開いた時にその日付に変わってしまいますからご注意を…」
確かに説明しないといけない部分ではありますが…

「本質はそこではな~い!!」

「Word」では「本日の日付は入れなくていい!!」と覚えて下さい。
これが「タイトルで覚える」といった考え方です。
もう少し覚えそうであれば…
「入力せずに何かを放り込むので「挿入」タブの中にありますと覚えて下さい!!」と。


(Office2010で掲載しています)2013/2016も同様の手順です。

これでいいんです。
後のモノは忘れていてもいいんです(それらを完全に覚えてからまた、復習で出すカタチにしていますから)
「全てを覚えようとする」から「覚えられない」
それぞれ、どのカテゴリでも「POINT」があるのです。
「なんか、そういのがあったよなぁ~」から始めればいいんです。
そうすれば覚えられます!!(当教室の生徒の方から取ったアンケートから)

もし、なかなか思い出せなかったら、その時のシュチェエ―ション(光景)を思い浮かべて下さい。
「どんな服装で教室に行ったか?」
「どんな世間話しをした時に出て来たかなぁ~?」
「昼のLESSONだったか、夜のLESSONだったか?」
「晴れだったか、雨だったか?」

※これ、意外と効果ありますよ!!(生徒さんからも好評です)

これは「仕事」「生活」「趣味」でも全て同じで皆さん知らない間に勝手に「脳」がそう動いてくれているのだそうです。
まぁTVで言ってたので本当に信憑性があるかどうかは分かりませんが「脳科学的には」です。
でも、確かにそういった経験は生徒の方に聞いてもあるようです。

だから以前、別のパソコン教室に通われてた方から聞くと「面白い」そうです(笑)
「楽しくない」と来たくない「楽しくない」と覚えられない。
「勉強」と考えなくていいと思います(勉強=難しい=頑張らないと)
「勝手にあなたが、そう決めているだけではありませんか!?」

それだけで「考え方」「覚え方」は変わってきますよ。


仕事、生活、遊びの中で多くの「学び」が世の中にはありますね。
その中から「多くの学びや反省、考えさせられる事」をご紹介していきます。
PCスキルばかりではなく、身近な話題も共有出来ればと思っています。

アットホームなパソコン教室♪
D.St@tion(ディードットステーション)下中野教室
お仕事、趣味の世界から転職、学生の方、パソコン修理まで何でもお気軽にお問合せ下さい。
MOS(Microsoft Office Specilist)資格までバッチリサポート!!
http://sumaho-okayama.com/