こんにちは、少人数制マンツーマン個別指導のパソコン駆け込み寺♪
「ディードットステーション下中野教室」の田邉です。

昨日は「中秋の名月」
岡山でも天気も良く、綺麗な満月を見る事が出来ました。

十五夜とも言われ、月見をするにはもっともよいと言われています。
月見の習慣は古く、9世紀ごろに中国から伝来しました。
以来、月を見て詩歌を詠んだり、祈りを捧げたり、月を愛でる風習が続いています。
(ネットNEWSより引用)


最近、僕はある事(ある行動、考え方)を実践している事があります。
そんなお話しを今日は少し…

突然ですが、あなたは「人のいい部分」が先に見えますか?
それとも「悪い部分」の方が先に目につきますか?
僕は自分で言うのもなんですが「人が好き」という性格を両親から貰いました。
あまり深く考えたことはなかったのですが、ある席で人の悪口ばかりを言っている方とお会いしました。
僕はその方の事は存じません。
知り合いのお友達でした。
嫉妬からなのか、沢山の人の悪口や文句ばかりを言っていました。
お酒も入っていたのですが…
周りの僕らはハッキリいって寂しい気持ちになりましたね。

周りも面白くないし、何より自分の価値を下げているように僕には感じました。
確かに人間は生きている。
面白い事ばかりではありません。
自分の思うようにならない事も沢山あります。
理不尽な事も沢山、社会に出ればあると思います。

人の悪口ばかり言う人にはある特徴があるそうです。


●【悪口を言う人の特徴】
「暇な人」「プライドが高く、劣等感の強い人」「勝気な人」「いつも他人と自分を比べている人」

●【悪口を言う人の心理】(自分をよく見せたいと思っている)
人を見下す事により、自分がその人より上位に立ったような気持ちが生じるから…
「自分が誉められたい」という強い欲求が充分に充たされないがゆえに 他人をおとしめ、そのことで、そういった気分を代替しているのでしょう。
満足していない自分の現状を、どうしても打破できない人に特徴的な発言です。

●【悪口を言う人の心理】(自己防衛のため)
悪口を言わない人って、いじめられることが多いと思うよ…
何も言わない人って全然怖くないから
人は弱いものいじめするのが本能みたいなもんだからね。
人の悪口を言うのは、自己防衛の意味もあると思うよ。

●【悪口はこんなにも自分を悪くする】
「嫌われる会話」1位は「他人の批判や悪口ばかり言う」
悪口をいう人間は、他にどんなに魅力的な面があっても好きになれない。
(ネット「人の悪口を言う人の共通点」より引用)

 


上記の心理が全てかどうかは分かりませんが、僕個人的に見ても「あ~いるね、こういう人…」
何点かは思い当たる節がありますね。
同時に僕自身も自分に思い当たる節がある事も事実です。
僕も全く人の悪口を言わない人間ではありません。
特に物事が上手くいっていない時なんかには、愚痴からそういった「悪口」に繋がっている事もあるような気がします。

冒頭で「最近、僕はある事(ある行動、考え方)を実践している事があります」
とお伝えしました。
それが「人の悪口を言わない」という事を意識的に心掛けています。
まだまだ、意識し始めて数ヵ月くらいですが…
最初は意識しすぎると、逆にストレスが溜まるんじゃないか?
別に人の悪口をしょっちゅう言ってる訳でもないのに、自分にプレッシャーをかける必要はない。
そんな思いがあったのですが…
意外や意外、見えてくるんですよねぇ~。
色んなモノの考え方や、自分というものが客観的に!!

冒頭でも紹介しましたが…
あなたは「人のいい部分」が先に見えますか?
それとも「悪い部分」の方が先に目につきますか?
やはり「人のいい部分」が先に見える人の方が得でしょう。
ただ、生徒さんとかとお話しをしていると現実的には「人の悪い部分」の方が先に見えてしまうという方が多いと仰られます。
ただ「ただ、人のいい部分を見つけていこう」と努力しているとは皆さん言われてましたね。
僕なりに解釈して皆んな「悪い部分」を先に見ようとはしてないような気がします。
「人のいい部分」「悪い部分」を見る目は、結局「紙一重」なのかな…と。


✖『何が正しいのか』を指針にしている人は、人の悪いところに目がいきます。
◎『何が楽しいのか』を指針にしている人は、人のいいところに目がいきます。

✖『当たり前』と思っている人は、人の悪いところに目がいきます。
◎『ありがとう』と思っている人は、人のいいところに目がいきます。

✖評論家体質な人は、人の悪いところに目がいきます。
◎プレイヤー体質な人は、人のいいところに目がいきます。

✖悩みがあったら愚痴を言う人は、人の悪いところに目がいきます。
◎悩みがあったら相談をする人は、人のいいところに目がいきます。

✖人を変えようとする人は、人の悪いところに目がいきます。
◎自分が変わろうとする人は、人のいいところに目がいきます。

✖正直に生きている人は、人の悪いところに目がいきます。
◎誠実に生きている人は、人のいいところに目がいきます。

✖大事な人ほど大事にしないタイプの人は、人の悪いところに目がいきます。
◎大事な人はちゃんと大事にする人は、人のいいところに目がいきます。

✖自分の言いたいことを言いたい人は、人の悪いところに目がいきます。
◎人の言いたいことを聞きたい人は、人のいいところに目がいきます。

✖トラブルで喧嘩になってしまう人は、人の悪いところに目がいきます。
◎トラブルで話し合いができる人は、人のいいところに目がいきます。

✖感情で理性をぶち壊す人は、人の悪いところに目がいきます。
◎理性で感情を処理できる人は、人のいいところに目がいきます。

人の悪いところを見つける目というものは、先天的に持っている本能みたいなものです。
外敵から身を守るために標準装備されたような目ですね。
これは誰でも持っているものです。
ですが、人のいいところを見つける目というものは、後天的に養っていくものです。
理性というものを養わなければ、人のいいところは見つけられません。
(ネット:TOWNWORKマガジンより)


全てが当てはまってるとは思いませんが、なるほどと思う点はありますね。

では、逆に「悪口を言わない人たち」にはどのような共通点があるのでしょうか!?

■ 謙虚さがあり、素直に受け入れる
■ 自信がある
■ 相手の良い面を見るのが上手い
■ プラス思考な人
■ 暗い話題が苦手
■ 悪口をいうことで評価が下がることを知っている
■ 余裕があるetc.

一つご紹介しますね。
■ 謙虚さがあり、素直に受け入れる(人の評価を受け入れる謙虚さがあり、人の評価に振り回されない)
周りの人の意見と自分の価値観が合わなかったり、上司からのコメントを素直に受け入れないような人は、その面白くない気持ちを悪口という形で吐き出してしまいがちです。
そのため悪口を言わない人は、人の評価を素直に受け入れます。
しかし、だからといって常に人の評価を気にしているわけではありません。
悪口を言う、言わないに関係なく周りの評価は気になるものです。
しかし謙虚な人は周りの評価に振り回され、自分の価値観がぶれるようなことはありません。
芯は強いですが、気持ちが柔軟で周りからも受け入れられるからだといえるでしょう。


今回はネットに書かれている事と僕自身の考え方を書いていきましたが、共有出来るところが沢山ありました。
(個人的な見解なので、ご理解の程宜しくお願い致します)

ただ、あまり人の悪口を言っていると、自分自身の評価も下がっているし、聞いている人もあまり面白いものでもありません。
悪口がエスカレートすると「誹謗中傷」にも変わってしまいます。
そこから、何が生まれてくるのでしょうか!?
「憎しみ」「復讐」といいものは生まれてこない気がします。

近年のネット社会、特にSNS社会になり、こういった問題が多くなり表面化してきましたと感じます。
私達自身が、どう考え、どう行動するかが自分に対しても他人に対しても大きく何かが変わってくるのかもしれないですね。
個人個人の考え方がありますが、僕はこう思います。
「いい種も悪い種も、撒いた種は自分自身に返って来る」と。


本気で知りたい人だけにコツを教えちゃいます。
「初心者だから初めが肝心!!」

仕事、生活、遊びの中で多くの「学び」が世の中にはありますね。
その中から「多くの学びや反省、考えさせられる事」をご紹介していきます。
PCスキルばかりではなく、身近な話題も共有出来ればと思っています。

アットホームなパソコン教室♪
D.St@tion(ディードットステーション)下中野教室
お仕事、趣味の世界から資格取得、パソコン修理まで何でもお気軽にお問合せ下さい。
http://sumaho-okayama.com/
086-245-8233