こんにちは、少人数制マンツーマン個別指導のパソコン駆け込み寺♪
「ディードットステーション下中野教室」の田邉です。

9月頃から教室内のインテリア最終改造計画推進中~!!

パソコン教室をやっていながら、パソコンって「無機質」って感じてるのは僕だけですかね?(笑)

皆さんのパソコン教室のインストラクターのイメージは?

「機械大好き」「パソコン大好き」「理系」といったイメージを持たれるそう…(当教室の生徒様より)

僕はというと、パソコンはそんなに好きじゃない(皆さんと同じ程度)
機械も触るが、必要最低限…
理系も文系も、どちらも嫌い(笑)
ハッキリ言って思いっきり体育会系(笑)

中学=サッカー部(あまり、目が出ず…)
高校=空手部(一応、個人組手:岡山県3位/個人型:岡山県5位/団体戦:組手、型共に岡山県2位)
その後、事故にて車椅子生活となる。
車椅子アーチェリー(先輩に連れて行かれたが面白くないので3ヶ月程で辞めた)
(中国地区新人戦では何故か(笑)優勝した)
後、車椅子マラソン/車椅子バスケットで全国を飛び回った。
(車椅子マラソンではハーフマラソンからフルマラソンと、駅伝選考メンバーとしても岡山県代表として何度も走らせてもらった)
(車椅子バスケットではチームとして中国地区代表として全国大会にもいけた)
(中国地区選抜に選ばれ、全国ブロック選抜大会のスタメンにも選んで頂いた)

実はパソコン触っているよりもGYMの方が好き(笑)

僕がここ「ディードットステーション下中野教室」を始めた時、
どう考えても文科系ではない僕を知ってる友達は誰一人として「パソコン教室」をやるとは思ってなかったらしいです(笑)

じゃあ、何でパソコン教室やってんだ?
詳しくはHP内の僕のプロフィールを興味があったら読んでみてくださいね。


でも、昔から「インテリア」が好きで、今でいう「DIY」なんかが好きでしたね。
過去ログでも書いていますが、僕の親父は「大工」
もう、年で現役はとっくの昔に引退してますが。

子供の頃から親父の作業をよく見てました。
ただ、僕は立体が弱く、学校の授業でも「展開図」なんてのは大の苦手…

高校卒業後、部屋のクロスとかを貼る「内装業」の仕事に就きました。
内装なら平面ですからね(笑)

パソコンって「無機質」で前述でも述べましたが
僕は小さい頃から親父の仕事を見てきて「木の温もり」が今でも大好きです。
過去に通ったパソコン教室内もどっちかというと「無機質」な感じ…

当教室もあっという間に8年が過ぎました。
教室内のインテリアも色々変更してきました。

今年の夏にはこんなモノも作りましたよ♪
通称「トトロの村」(まだ未完成ですが…)

今後、空いた時間を見つけて「田んぼ」「あぜ道」を作成していこうと考えています。
いわゆる「ジオラマ」ってやつですかね。
作り方がさっぱり分からないんで、色々調べながら作っていこうかと思っています。
生徒さんからは「川」があった方がいいとか、様々なご注文を受けていますが(笑)


こないだ、作成したものをご紹介します。

以前から生徒様から中古PCの販売も行ってくれという要望。
僕自身もその要望にお応えしたいと考えていました。

「古物商許可」も無事、申請できましたので早速、棚の製作へ…
ホームセンターで売っているスチール棚では面白くない…

実家の作業場の中にある木材から物色。

よか「松」の木材が見つかりました。
これを天板に、天板以外は「杉」を使用。

親父と一緒に木材の切断から…

天板以外は、寸足らずだったのでボンドで圧着。
3時間程、乾かしながら合間に次の工程へ…
相変わらず、失敗を繰り返しながら、考えながら少しづつ進む。

途中、親父と半分「喧嘩」になりながらの作業続行(笑)

天板塗装から組み立て作業へ…

最後の塗装の頃には、すっかり朝から始めた作業は夜も更けてましたね。

無事完成~!!

教室に移動し、ホームセンターでフェイクの観葉植物をイメージを伝え、アレンジしてもらいました。
あとは、家で遊んでいたステレオを設置して、中古パソコンを置いて完成です。

生徒の方からも好評ですよ。


大工の親父の子として生まれたことに感謝!!

2年程前の話しです。

教室から帰る車の中でFMから、ふと流れてきた「CM」

「僕は今、45歳
親父は75歳、実家に帰るのは年に2回
後、何回親父に会えるのだろう…
そうだ、実家にもっと帰ろう」

(AC公共広告機構のCMだったかな?)

丁度、同じ頃の年齢だ。

僕は家から20分もあれば実家に帰れるのに年に2~3回…
そう、この調子だとあと「親父」「お袋」(特にもう高齢の親父)とあと何回会えるんだろう…?

そんな思いから実家に良く帰るようになった。

ただ帰ってもする事もない…

「だったら何か一緒に作ろう!!」

親父なら「技術」「経験」もある。
僕には「アイディア」がある。

そんな軽い気持ちで、今まで色んなモノを一緒に作ってきた。

小さい頃からガキ大将気取りで、親には散々迷惑かけてきた。
思春期の頃も、親には色々と迷惑かけた。
親父には散々殴られた記憶ばかり(笑)

やっと高校卒業後、自立したと思えば今度は「車椅子生活」

僕が車椅子になった時、親父もお袋も当然、今の僕の年齢よりも若い働き盛りの年齢。
小さい頃を思い出せば、いつも家に帰れば作業服は「鉋屑」だらけだった親父。

どんな気持ちだったんかな…!?

そんな親父と一つの作品を作っていく。

半分、喧嘩しながらも親父は嬉しそうな顔してる。

教室に来ることは殆どないが、運搬の時は軽トラに乗って運んでくれた。

寡黙な人だが「お前も頑張っとんやの」と一言。

「ありがとう、あんたの息子に生まれて良かったよ」

心の中で呟いた。

親孝行が何なのかも正直、今も分からない。

ただ自分も親になり、今さらながら親父の事を大好きな自分がいる事は確かだ。
もう、親父も78歳になった。

あと、何回会えるのかな?


僕は思います。

確かに「パソコン」「スマホ」は便利なツールです。

世界がデジタル化し、便利な世の中になった。

僕個人としては「デジタル」「アナログ」が優遇すれば、もっと素晴らしいモノも出来るんじゃないかと。

「アナログ」で出来ない事を「デジタル」が補う。

それが「自然」な事だとも思う。

僕個人的な思いですが、休日の1日くらい「スマホ」を全く触らない日があってもいいんじゃないのかな?

「木」の温もりのように「青い空」「爽やかな風」「野原に咲いている小さな花」

それ以外にも色んなモノが見えるような気がします。

やっぱり僕は「アナログ人間」のようですね(笑)


本気で知りたい人だけにコツを教えちゃいます。
「初心者だから初めが肝心!!」

仕事、生活、遊びの中で多くの「学び」が世の中にはありますね。
その中から「多くの学びや反省、考えさせられる事」をご紹介していきます。
PCスキルばかりではなく、身近な話題も共有出来ればと思っています。

アットホームなパソコン教室♪
D.St@tion(ディードットステーション)下中野教室
お仕事、趣味の世界から資格取得、パソコン修理まで何でもお気軽にお問合せ下さい。
http://sumaho-okayama.com/
086-245-8233