ブログ

【始めるのに遅すぎるということはない!!】

こんにちは、少人数制マンツーマン個別指導のパソコン駆け込み寺♪
「ディードットステーション下中野教室」の田邉です。

今日、3/3は『ひな祭り』
『ひな祭り』と言えば雛人形を飾り、ちらし寿司やハマグリのお吸い物を食べて
女の子の健やかな成長を願う伝統行事です。

しかしこのひな祭り、元は今とは少し違う行事だったのをご存知でしょうか。
ひな祭りの起源は、季節の節目や変わり目に災難や厄から身を守り、
よりよい幕開けを願うための節句が始まりとされています。

また、ひな祭りに欠かせないひな人形も、昔は飾るのではなく川に流されていたと聞いたら、
驚くのではないでしょうか?

ひな祭りの由来を知るには、2つの話を説明する必要があります。

まず1つ目の話は『上巳の節句』についてです。
上巳の節句とは中国から伝わった五節句の一つで、三月上旬の巳の日に、
草や藁で作った人形(ひとがた)で自分の体を撫でて穢れを移し、
それを川に流すことで厄払いや邪気祓いを行う風習がありました。

また一方、貴族階級の女の子の間では、紙の人形を使った遊び、
今で言うところの『おままごと』が流行っていました。
これを『ひいな遊び』と言うのですが、このひいな遊びと川に流す人形(ひとがた)が結びついて
『流し雛』が誕生しました。

さらに江戸時代になると、人形作りの技術が向上したことで川に流すのではなく
家で飾るように変化していきました。

これが『ひな祭り』の由来と言われています。
(豆知識PRESSより引用)

日本には数多くの伝統行事がありますが、現代に生きる多くの方はその本当の意味を知らずにいます。
ひな祭りもまたその一つだと思いますね。
僕も日本人でありながら、日本の文化のルーツは殆ど知らない事ばかり…
改めて、今日という日を再確認して『ひな祭り』という日を大切にしていきたいものですね。


今日のBLOGは昨日、生徒さん達ととお話しした内容を少し…
皆さんの周りにもおられませんか!?(いきなり、唐突ですが)

「私はもう年だから…」
「今さらやっても…」
「別に今のままでも何とかなってるし…」

今日はそんなお話しを…

当教室には、あまりそういった生徒さんは居られませんね。
「仕事で困っている」
「今の現状を変えたい」
「出来る自分になりたい」

理由は色々あったとしても、共通してるのは「自分への挑戦」とでも言うのかな?
前向きな方が集まってきます。
勿論「不安」な気持ちでSTARTしていくわけですが…
「なりたい自分になる」という思いは皆さん、同じように感じます。


僕は思います。
【始めるのに遅すぎるということはないと!!】

『マクドナルドのレイロック氏』52歳。

『ケンタッキーのカーネルサンダー氏』60歳。


ともに創業時の年齢です。

アンパンマンのテレビアニメ化は「やなせたかしさん69歳」の時でした。
90歳を過ぎ、
一度は「引退」を決めたやなせさん。

東日本大震災が起き、被災した子供たちが「アンパンマンのマーチ」を聞くと
勇気が出るという声を聞いて、「死ぬまで現役!!」と復帰を果たされました。
90歳を過ぎて…!!

105歳まで生涯現役を貫かれた医学博士の「日野原重明先生」
「110歳まではスケジュールがいっぱいに埋まっている」と話されていたのは、
おんとし102歳の頃でした。

44歳で本を書き始めた「点と線」で有名な「松本清張氏」は82歳までに、1000冊を書き上げました。

「伊能忠敬氏」は71歳で日本地図を完成させました。


「何だってできる!!」と想いませんか?
「何にだってなれる!!」と想いませんか?

「出会った時がタイミング!!」
「やりたい時がタイミング!!」

お問合せで、このパソコン教室の玄関を入ってきたあなた…
とっても、不安なそんなあなたも…
既に「心のSTART」は、もう始まっています。

「心」が動いたら、それは始める「合図」です。

「人はいつからでも、どこからでも変われるんです!!」
「年齢」
「性別」「肌の色」も関係ない。

今日は『ひな祭り』
よりよい幕開けを願うための節句が始まりとされているように皆さんが、
ホントにしたい事、ホントになりたい自分。

見つめ直してみる機会にしても、いいかもしれませんね♫


本気で知りたい人だけにコツを教えちゃいます。
「初心者でも使ってる人でも基礎が肝心!!」

仕事、生活、遊びの中で多くの「学び」が世の中にはありますね。
その中から「多くの学びや反省、考えさせられる事」をご紹介していきます。
PCスキルばかりではなく、身近な話題も共有出来ればと思っています。

アットホームなパソコン教室♪
D.St@tion(ディードットステーション)下中野教室
お仕事、趣味の世界から資格取得、パソコン修理まで何でもお気軽にお問合せ下さい。
http://sumaho-okayama.com/cms/
086-245-8233

まずは無料体験から!

お気軽にご相談ください
強引な勧誘や無料体験後のアフターの電話は
いたしませんのでご安心ください。
お電話でのお申し込み
tel:086-245-8233

086-245-8233

【定休日】毎週日曜日・水曜日・祝日

(※土曜日は営業時間10:00~18:30)